医療脱毛の場合はどのくらいの回数が必要でしょうか

医療脱毛の場合、どのくらいの回数通えば、ほぼ全部脱毛ができるのでしょうか。
脱毛できるまでの回数は個人差が大きいため、一概に何回とはいえませんが、ただ1ついえるのは、最初の1回や2回ではまだ効果は見えないということです。


ご存知かもしれませんが、体毛には毛周期というものがあり、脱毛処理の効果があるのは、このうち成長期にある毛のみです。

それ以外の退行期、あるいは休止期にある毛には効果はありません。

そのうえ、処理の時点で休止期にあった毛が生えて来ることもあるので、最初の内はあまり脱毛の効果が感じられないのです。



せめて3回ほどは通うと、段々とムダ毛が薄くなって来たり、細くなってくるのがわかって来ます。

部位にもよりますが、3回か4回の施術で効果が感じられる人もいる一方で、10回以上医療脱毛に通っても、なかなか効果が感じられない人もいます。

一般にワキ下やVゾーンなどの、毛の濃い部分は医療脱毛のレーザーに反応しやすく、そのため6回も通えばかなり効果が出てきます。


その一方で背中や腕など、毛が薄く目立たない部分は、それより2回から3回ほどよけいに回数がかかると考えるといいでしょう。事前のカウンセリングの際に、先生から大体何回ほどといわれますので、それを目安に通院してください。



どうしても完全に脱毛できなかった場合にのみ、それに何回かプラスするといいでしょう。



一定期間の保証付きのコースを選ぶと、このような場合に同じ料金で処理を受けられるので便利です。