定額制での医療脱毛と永久性について

医療脱毛と言うのは、医療機関でもあるクリニックや美容外科などの病院施設のみで行われる脱毛の事を意味しており、医療レーザー脱毛などが医療脱毛と呼ばれています。

医療脱毛は、医療行為を可能にする施設のみでしか行う事が出来ませんので、万が一のトラブルなどが起きても安心と言う利点もあるのです。



医療レーザーを利用した医療脱毛と言うのは、永久性を高める事が出来ると言われています。

しかし、永久性を高めるためには、毛周期と呼ばれる毛のサイクルの中で成長期に入っている毛を脱毛して行く事が求められます。

毛というものには、成長期、休止期、退行期と言う3つのサイクルがあるのですが、成長期を過ぎると休止期に入ります。



この時脱毛を行なっても、その毛は永久性を持たす事が出来ませんので再び毛が生えて来る事になります。

脱毛を行う施設に中には、回数が設定されているケースがありますが、成長期の毛を処理している永久脱毛などの場合は、回数が不足してしまうケースがあります。

回数が不足して尚且つ脱毛を行なえば、より費用が必要になるのです。



その点、定額制などの場合は、追加の料金などが不要で永久脱毛を可能にします。
最近は、定額制と取り入れているクリニックや脱毛サロンは多くなっていますが、永久脱毛を考えた場合は、回数や期間などに制限が無いコースや定額制のコースを選ぶ事で満足出来る仕上がりになりますし、追加の料金などが不要になるというメリットがあります。